Project PLATEAU(プロジェクト・プラトー)に貢献

plateau_logo_vertical (2)
Project PLATEAU は、国土交通省が進める 3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化のリーディングプロジェクトです。
都市活動のプラットフォームデータとして 3D都市モデルを整備し、オープンデータとして公開しています。
Project PLATEAU の可視化環境である「plateauview.jp」の整備、そこで表示される、全ての3Dデータと2Dデータの変換、CityGML(シティ ジーエムエル)作成を担当している各社への技術サポート等を、PSSが行っています。
3D可視化プラットフォームである「cesium(セジウム)」の開発技術だけでなく、CityGMLをはじめとする各種データフォーマットへの深い理解、それらを扱うためのソフトウェア基盤である「FME(エフエムイー)」に関しても、世界トップレベルの知識を持つことが、Project PLATEAU への大きな貢献につながっています。
plateauview

自治体、民間が3Dプロジェクトに取り組む際のサポートを提供

Project PLATEAU のシステムとデータの全てを知り尽くすPSSだからこそ、提供できるサポートがあります。これから3Dに乗り出されようとされている皆さまには、最初のプランニングからお手伝いいたします。そして、既に3Dの取り組みを進められていて、さらに成長させたいとお考えの皆さまには、各段階で必要なサポートをご提供いたします。

Pacific Spatial Solutions で扱っている主な製品とサービス

位置情報プラットフォーム

CARTOは、位置情報を集約し、視覚化、解析、共有を通して、ビジネスインテリジェンスを生み出すプラットフォームです。

世界最強のデータ変換エンジン

FMEは、あらゆるデータと結合し、お望みのデータ構造・内容に変換・統合するとともに、そのワークフローを自動化するためのソフトウェアです。

オフライン地図アプリ

ネットワーク接続がない山、海、海外旅行など、あらゆる場面で地図が活用できる、US Armyも採用するスマートフォン用オフライン地図アプリです。

クラウド直結プラットフォーム

1人でも1000人でも。現場で、アウトドアで活躍する情報収集プラットフォームです。リアルタイムで収集したデータが共有できます。

GPS電波の届かない屋内位置測位

地磁気を使った屋内測位アプリ開発のためのSDKです。地下街、ショッピングモールなど、GPSが利用できない環境で位置情報を収集できます。

GISデータで高品質地図を作成

Adobe IllustratorをGISソフトのように使って、プロフェッショナルな地図作成を支援します。印刷用だけでなく、Avenza Mapsで利用できる地図も作成できます。

Adobe Photoshopで地図作成

Adobe PhotoshopをGISソフトのように使って、衛星画像や航空写真を使った地図作成を支援します。Avenza Maps用の地図も手軽に作成できます。

狩ingマップ

「狩ingマップ」は、罠および銃器による狩猟及び有害鳥獣駆除、指定管理捕獲等事業に従事する方のためのサポートのアプリです。

Opendatasoft

データカタログサービスをヨーロッパ、北米を中心に展開するデータカタログの新潮流 Opendatasoft の代理店として、正式な日本パートナーになりました。