ベクタタイル配信からAlexaまで

最新のオープンソースソフトウェア開発事情:コロラド編


開催日まであと...
00
Days
00
Hours
00
Mins
00
Secs

日時:2018年5月25日(金)
時間:17:00~19:00 
場所:
東京大学生産技術研究所・食堂棟2F・中セミナー室6 キャンパスマップの4の建物
内容:米国コロラド州Crestone Digital社が取り組むオープンソースソフトウェアを使ったウェブアプリ開発事例紹介
講演者:米国コロラド州Crestone Digital社 Mike Giddens 氏
主催:東京大学生産技術研究所・関本研究室,東京大学CSIS「G空間宇宙利用工学」社会連携・寄付研究部門,Pacific Spatial Solutions 株式会社

定員:40名程度
 ※閉会後は有志で懇親会を会場近くで開く予定です.お時間がよろしければぜひご参加ください。

使用言語:英語での講演となりますが、日本語の逐語訳を行います。

 


イベント内容


アメリカコロラド州のMike Giddens氏が日本に来日しています。Giddens氏は、オープンソースのアプリケーション開発を主に行うCrestone Digital社 の代表で、コロラド州のハッカソンなどにも積極的に参加している技術者です。今回は、AWS、PostGIS、ベクタータイル配信を中心に、Giddens氏が最近取り組んでいる取り組みを紹介して頂きます。AmazonのAlexaを使った空間クエリにも取り組む刺激的な話が満載です。皆さんのご参加お待ち申し上げております。
■Mike Giddens氏の紹介

Michael Giddens氏は、米国コロラド州Crestone
Digital社の代表、プロダクトマネージャ、ソリューションアーキテクトです。Crestone Digital社は現在、Amazon
AWSと地理空間情報を取り扱うアプリケーションを組み合わせたソリューションを主に提供しています。Giddens氏はこれまで19年間、民間、公的機関を問わず幅広い顧客を相手にデスクトップ、ウェブ、モバイルアプリの開発に従事してきました。これまで10年ほど過去に蓄積された植物サンプルの画像解析と機械学習のワークフロー開発にかかわってきたため、Giddens氏は特にオープンデータと科学的データの取り扱いに興味を持っています。最近は、リスクアセスメントに関するソフトウェアの設計・開発などにもかかわっています。日本でもPacific Spatial Solutions 株式会社と共同で罠猟サポートスマホアプリ「狩ingマップ」や、複数のアプリケーション開発を行っています。