Situm (シトゥム)SDK

インフラいらずの屋内測位アプリSDK

画像をクリックするとSitumのデモビデオが見れます。

私達の生活の8割方は屋内で営まれています。これまで屋外ならGPSやみちびきを始めとする衛星測位システムが利用できましたが、屋内となると決定的な測位システムがありませんでした。Situmがこれまでの常識を覆します。屋内で、それもビーコンなどのインフラ無しでも位置の測位ができます。Situmで屋内測位のアプリを開発するには、フロアマップの画像を用意して下さい。

Situmの屋内測位テクノロジーなら、複数階のビルでも大丈夫です。各階の高さを検知して、自動的にフロアマップを切り替えるため、屋内ナビゲーションにも切れ目がありません。

Situm SDKでスマートフォン用のアプリを作れば、建物内のナビゲーションだけではなく、店舗の近くにお客様が近づいた際にクーポン券を発行したり、イベントが行われている場所にお客様を誘導したりすることもできます。CARTOと組み合わせれば、長期に渡って収集した位置データで、動線の最適化を行ったり、必要な休憩所を設置したりと、屋内のロケーションインテリジェンスが実現します。

ビルの管理者やセキュリティ会社は、従業員や警備員の最適配置や、建物内での緊急時対応も位置情報を使って迅速に行えます。
建物内とその周囲で測位したい場合もSitumにおまかせ下さい。Situmなら、屋内測位と屋外測位をシームレスに切り替え、切れ目なく測位し続けられます。建物管理で屋内に加え屋外の植え込みや休憩所を管理したり、駐車場や駐輪場からも建物の利用者をナビゲーションできます。

モバイルSDK

SitumのモバイルSDKを使えば、スマートフォンアプリの開発が素早くできます。建物内の案内や、各店舗、部屋の位置に基づいた情報の提供などは、アプリを通して行います。屋内測位を活用したアプリの開発にご興味のある方は、私たちまでご相談ください。

Situm に関するお問い合わせはこちらのフォームからお願いします。


  1. 世界をリードする最新の位置情報技術を一気にご紹介12月7日に東京国際フォーラムにて、世界を代...
  2. CARTO ハンズオン FOSS4G Tokyo 2017最新の CARTO(カート)の機能を触...
  3. 7月12日から20日に東京と名古屋で開催いたしました、CARTO UDPATE 2017、ハンズオン...
ページ上部へ戻る