Category: CartoDB

CARTO 入門「能登里山里海マイスター」育成プログラム

CARTO は「カート」と呼んでくださいね!! このページは、CARTO入門「能登里山里海マイスター」育成プログラムで利用するデータや、リソースのまとめです。 講習会について 「能登里山里海マイスター」育成プログラム CARTO入門研修 日時:2016年12月03日 13:30-16:30 事前に必要な知識:ブラウザでホームページを開けること、Excelでデータを見ることが出来ること。 講師:Pacific Spatial Solutions, LLC 八十島 裕(やそしま ゆたか) 講習会データダウンロード (事前にダウンロードしておいてください) 国勢調査人口データ(石川県1985年、Excelファイル):クリックしてダウンロード 国勢調査人口データ(石川県2000年、Excelファイル):クリックしてダウンロード 国勢調査人口データ(石川県2015年、Excelファイル):クリックしてダウンロード 市町村界データ(石川県1985年、zipファイル):クリックしてダウンロード 市町村界データ(石川県2000年、zipファイル):クリックしてダウンロード 市町村界データ(石川県2015年、zipファイル):クリックしてダウンロード 小地域枠(珠洲市2010年、zipファイル):クリックしてダウンロード 小地域年齢別人口(珠洲市2010年、Excelファイル):クリックしてダウンロード 幼稚園と保育園データ(国土数値情報公共施設、zipファイル):クリックしてダウンロード 講習会の実習テキスト プレゼンテーションファイルダウンロード CARTO 関連サイト CARTO のホームページ http://carto.com CartoDB Translator プラグイン (CARTO の日本語化プラグイン、Google Chrome 専用) https://chrome.google.com/webstore/detail/cartodb-translator/klfamjcbhhbgcllahleohncpgmcbceeh?hl=en 地図DB(CARTO 日本語サービス) http://chizudb.jp 地図DB内の CARTO のヘルプ http://chizudb.jp/?page_id=764 講習会で利用するデータの説明 幼稚園・保育園所在地データ 国土数値情報 公共施設データ(下記)から、幼稚園・保育園施設に関するデータを抜き出しました。 データダウンロードリンク:クリックしてダウンロード データソース:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P02-v4_0.html データコード:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/codelist/PubFacMiclassCd.html (参考)国土数値情報 公共施設データ(石川県) 国土数値情報の公共施設データで、Shapefile形式で配布されたものをZIP形式で圧縮したものです。今回の研修では使用しません。 データダウンロードリンク:クリックしてダウンロード データソース:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P02-v4_0.html データコード:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/codelist/PubFacMiclassCd.html 国勢調査データ一式 2000年、2005年、2010年国勢調査の石川県のデータです。年齢別(5歳ごと)のデータです。 データダウンロードリンク:クリックしてダウンロード データソース:地図で見る統計(統計地図) データコード:属性名テーブル オープンデータのリスト 統計・防災・環境情報がひと目で分かる地図の作り方,山手則裕ほか,技術評論社 https://github.com/Arctictern265/QGIS_book/tree/master/appendix2 QGIS入門,今木洋大ほか,古今書院 講習会を受講された方限定スペシャルサービス スマホDEマップ(お試し版!) https://carto-photos.com/registration

Posted in CartoDB

CARTO 入門「渋谷をつなげる30人プロジェクト」

CARTO は「カート」と呼んでくださいね!! このページは、2016年11月10日に「渋谷をつなげる30人プロジェクト 第2回データサイエンス研修」で利用するデータや、リソースのまとめです。 講習会について 渋谷をつなげる30人プロジェクト 第2回データサイエンス研修 日付:2016年11月10日 事前に必要な知識:ブラウザでホームページを開けること、自分のノートパソコンとWi-Fiアダプタ等のインターネット接続環境を持ち込めること。 注意:150分間の長丁場です。ノートパソコンの電源アダプタをお忘れなく! 講師:Pacific Spatial Solutions, LLC 八十島 裕(やそしま ゆたか) 講習会データダウンロード 東京の保育園:クリックしてダウンロード 平成22年度国勢調査の5歳階級(東京都):クリックしてダウンロード 市区町村界データ(東京都):クリックしてダウンロード (参考)渋谷区小地域データ(境界線):クリックしてダウンロード CARTO 関連サイト CARTO のホームページ http://carto.com CARTO Translator プラグイン (CARTO の日本語化プラグイン、Google Chrome 専用) https://chrome.google.com/webstore/detail/cartodb-translator/klfamjcbhhbgcllahleohncpgmcbceeh?hl=en 地図DB(CARTO 日本語サービス) http://chizudb.jp 地図DB内の CARTO のヘルプ http://chizudb.jp/?page_id=764 講習会の実習テキスト プレゼンテーションファイルダウンロード 講習会で利用するデータの説明 保育園所在地データ(東京都内) 国土数値情報 公共施設データ(下記)から、保育園施設に関するデータを抜き出してExcelデータにしました。 データダウンロードリンク:クリックしてダウンロード データソース:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P02-v4_0.html データコード:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/codelist/PubFacMiclassCd.html (参考)国土数値情報 公共施設データ(東京都内) 国土数値情報の公共施設データで、Shapefile形式で配布されたものをZIP形式で圧縮したものです。今回の研修では使用しません。 データダウンロードリンク:クリックしてダウンロード データソース:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P02-v4_0.html データコード:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/codelist/PubFacMiclassCd.html 国勢調査データ(東京都) 平成22年度国勢調査の東京都分です。年齢別のデータです。 データダウンロードリンク:クリックしてダウンロード データソース:地図で見る統計(統計地図) データコード:属性名テーブル 市区町村界データ(東京都) 平成22年度国勢調査データを元に作成した、市区町村の境界データです。 データダウンロード:クリックしてダウンロード 地図で見る統計(統計地図) オープンデータのリスト 統計・防災・環境情報がひと目で分かる地図の作り方,山手則裕ほか,技術評論社 https://github.com/Arctictern265/QGIS_book/tree/master/appendix2 QGIS入門,今木洋大ほか,古今書院 今回限定スペシャルサービス CARTO-写メ連携サービス(お試し版!) https://carto-photos.com/registration

Posted in CartoDB

【講習会】CARTO 入門 in FOSS4G Tokyo 2016

「CARTO無償版でオープンデータサイトを作ろう」 CARTO は「カート」と呼んでくださいね!! このページは、2016年11月4日に東京大学駒場キャンパス「FOSS4G Tokyo 2016」で開催する、「CARTO無償版でオープンデータサイトを作ろう」講習会で利用するデータや、リソースのまとめです。 講習会について 講習会名:CARTO入門 in FOSS4G Tokyo 2016 日時:2016年11月4日、14:00~17:00 場所:東京大学駒場リサーチキャンパス(生産技術研究所内)An棟2階 定員:当日参加可能 費用:当日5,000円 参加資格:どなたでもご参加ください 事前に必要な知識:ブラウザでホームページを開けること、自分のノートパソコンとWi-Fiアダプタ等のインターネット接続環境を持ち込めること。 注意:180分間の長丁場です。ノートパソコンの電源アダプタをお忘れなく! 主催:OSGeo 講師:Pacific Spatial Solutions, LLC 八十島 裕(やそしま ゆたか) 準備 できれば、ブラウザは Google Chrome を使えるようにしてください。必須ではありませんが、Google Chrome なら CARTO を日本語環境で使用することができます。 CARTO 関連サイト CARTO のホームページ http://carto.com CARTO Translator プラグイン (CARTO の日本語化プラグイン、Google Chrome 専用) https://chrome.google.com/webstore/detail/cartodb-translator/klfamjcbhhbgcllahleohncpgmcbceeh?hl=en 地図DB(CARTO 日本語サービス) http://chizudb.jp 地図DB内の CARTO のヘルプ http://chizudb.jp/?page_id=764 講習会の実習テキスト プレゼンテーションファイルダウンロード 講習会で利用するデータ 保育園所在地データ(東京都内) 国土数値情報 公共施設データから、保育園施設に関するデータを抜き出してExcelデータにしました。 データダウンロードリンク:クリックしてダウンロード データソース:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P02-v4_0.html データコード:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/codelist/PubFacMiclassCd.html 国土数値情報 公共施設データ(東京都内) 国土数値情報の公共施設データで、Shapefile形式で配布されたものをZIP形式で圧縮したものです。 データダウンロードリンク:クリックしてダウンロード データソース:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P02-v4_0.html データコード:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/codelist/PubFacMiclassCd.html 国勢調査データ(東京都) 平成22年度国勢調査の東京都分です。年齢別のデータです。 データダウンロードリンク:クリックしてダウンロード データソース:地図で見る統計(統計地図) データコード:属性名テーブル 市区町村界データ(東京都) 平成22年度国勢調査データを元に作成した、市区町村の境界データです。 データダウンロード:クリックしてダウンロード 地図で見る統計(統計地図) オープンデータのリスト 統計・防災・環境情報がひと目で分かる地図の作り方,山手則裕ほか,技術評論社 https://github.com/Arctictern265/QGIS_book/tree/master/appendix2 QGIS入門,今木洋大ほか,古今書院 今回限定スペシャルサービス CARTO-写メ連携サービス(お試し版!) https://carto-photos.com/registration

Posted in CartoDB

【講習会】CARTO 入門 in FOSS4G NARA.KANSAI

CARTO CARTO(カート)は web ブラウザで使える、位置情報の可視化システムです。 CARTO は、美しい地図を、きわめて簡単な操作で、素早く作ることができる画期的なシステムで、世界中で爆発的にユーザーを増やしています。日本でもユーザーが急激に増えています。そのCARTO を、関西の皆様にもいち早く体験していただきたく、FOSS4G NARA.KANSAIでオープンソースコミュニティ向けに講習会を行います。 CARTO の主な特徴: きわめて素早くかつ簡単に美しい地図が作れる 最初から綺麗なベースマップが用意されている 自分で地理院地図などを組み込むことも出来る 時系列で変化する地図、動く地図を、ボタンひとつで作ることが出来る 簡単な操作で、非常に大きなデータを絞り込んだり、階級ごとに区分したりできる Excel などからでも緯度経度のデータさえあれば、ドラッグアンドドロップで地図になる もちろん、GIS のベクタデータは何でも読み込める ArcGIS や QGIS とも簡単に接続して使うことが出来る 講習会について 講習会名:CARTO(カート)入門 日時:2016年10月31日、17:00 – 20:00 場所:大阪市立大学梅田サテライトキャンパス (大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階) 定員:20名 主催:FOSS4G NARA.KANSAI 参加費:4000円 内容: CARTO とは CARTO を使いはじめる準備 CARTO の基本画面構成 データの読み込み 作った地図にひと工夫する データの入手先の紹介 データを解析する 自分でデータを作る おまけ(PDF Mapsや写メからアップロードするサービスと、QGIS から直接接続するデモ) お申込方法 こちらからどうぞ:http://www.osgeo.jp/events/foss4g-2016/foss4g-2016-nara-kansai/foss4g-2016-nara-kansai-handson#CARTO 講習会参加前の準備 講習会に参加される方は、インターネットが使用できるノートパソコンをお持ち込みください。 インターネットのブラウザは必須です。ブラウザがインストールされていることを確認してください。 できれば、ブラウザとしてGoogle Chromeが使えるようにしてください。ただし、必須ではありません。Google Chromeが利用できれば、Cartoを日本語環境で使用することができます。 QGISのプラグインを使ったデモを行います。実際に試してみたい方は、QGISをパソコンにインストールしてお持ちください。 CARTOのスマートフォンからデータを入力する実験を行います。できれば、お手持ちのスマートフォンにオフライン地図アプリPDF Maps(個人利用では無料)をインストールしてお持ちください。必須ではありません。スマートフォンをお持ちでない方、PDF Mapsをインストールしたくない方は、講師のデモを御覧ください。 PDF Mapsは、個人利用では無料で使用できるオフライン地図アプリです。iOSではApple Store、AndroidではGoogle Playで、「PDF Maps」をキーワードでアプリを検索し、インストールしてください。PDF Mapsに関する詳しい説明は、http://pdf-maps.jpを御覧ください。 CARTO 関連サイト CARTO のホームページ https://carto.com CARTO Translator プラグイン (Google Chrome用) https://chrome.google.com/webstore/detail/cartodb-translator/klfamjcbhhbgcllahleohncpgmcbceeh?hl=en 地図DB(CARTO 日本語サービス) http://chizudb.jp 地図DB内の CARTO のヘルプ http://chizudb.jp/?page_id=764 講習会の実習用プレゼンテーションファイル foss4g_nara_kansai_2016 講習会で利用するデータ 保育園所在地データ(大阪府内) 国土数値情報 公共施設データから、保育園施設に関するデータを抜き出してExcelデータにしました。 データダウンロードリンク:ダウンロード データソース:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P02-v4_0.html データコード:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/codelist/PubFacMiclassCd.html 国土数値情報 公共施設データ(大阪府内) 国土数値情報の公共施設データで、Shapefile形式で配布されたものをZIP形式で圧縮したものです。 データダウンロードリンク:ダウンロード データソース:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P02-v4_0.html データコード:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/codelist/PubFacMiclassCd.html 国勢調査データ(大阪府) 平成22年度国勢調査の大阪府分です。年齢別のデータです。 データダウンロードリンク:ダウンロード データソース:地図で見る統計(統計地図) データコード:属性名テーブル 市区町村界データ(大阪府) 平成22年度国勢調査データを元に作成した、市区町村の境界データです。 データダウンロード:ダウンロード 地図で見る統計(統計地図) オープンデータのリスト 統計・防災・環境情報がひと目で分かる地図の作り方,朝日孝輔ほか,技術評論社 https://github.com/Arctictern265/QGIS_book/tree/master/appendix2 QGIS入門,今木洋大ほか,古今書院 PDF Maps関連サイト PDF

Posted in CartoDB, お知らせ, 講習会

【講習会】CARTO ハンズオン in つくば

データビジュアライゼーションサービス CARTO でつながる、オフライン・クラウド ・デスクトップ 日時:7月15日(金)午後 2:00~5:00 会場:産総研つくば中央第7事業所 第2会議室 (7-3C棟 211号室) 内容:CARTOとQGISを組み合わせた使い方、オフライン地図アプリのPDF Mapsと CARTO を組み合わせた使い方、基本的な CARTO の使い方などについて、皆さんにパソコンを持ち込んで操作していただくハンズオンを行います。 GIS の専門知識は不要です。QGIS をご自分のパソコンにあらかじめインストールしてきてください。 事前準備 インターネットに接続できる PC を持ち込んでください。ブラウザで CARTO のホームページが開けることが必須です。 実習では QGIS を利用します。このリンクを辿って、あらかじめ QGIS をインストールしておいてください。 必須ではありませんが、実習で利用する QGIS の CARTO プラグインは、CartoDB が CARTO になったため、そのままでは作動しません。当日に修正版のプラグインのインストールを行いますので、心配しないでください。 Geospatial PDFのビュアーであるPDF Mapsを使い、 CARTO にフィールドで取得したデータをインポートする作業も行う予定です。iPhone、iPad、Android などの携帯端末をお持ちの方は、PDF Mapsをインストールしてお持ちください。インストール方法はこちらのビデオをご参照ください(http://pdf-maps.jp/?p=2367)。 講習会で使うプラグイン 日本語化プラグイン CartoDB-Pythonプラグイン 講習会で利用するデータ 保育園所在地データ(東京都内) 国土数値情報 公共施設データから、保育園施設に関するデータを抜き出してExcelデータにしました。 データダウンロードリンク:クリックしてダウンロード データソース:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P02-v4_0.html データコード:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/codelist/PubFacMiclassCd.html 国土数値情報 公共施設データ(東京都内) 国土数値情報の公共施設データで、Shapefile形式で配布されたものをZIP形式で圧縮したものです。 データダウンロードリンク:クリックしてダウンロード データソース:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P02-v4_0.html データコード:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/codelist/PubFacMiclassCd.html 国勢調査データ(東京都) 平成22年度国勢調査の東京都分です。年齢別のデータです。 データダウンロードリンク:クリックしてダウンロード データソース:地図で見る統計(統計地図) データコード:属性名テーブル 市区町村界データ(東京都) 平成22年度国勢調査データを元に作成した、市区町村の境界データです。 データダウンロード:クリックしてダウンロード 地図で見る統計(統計地図) テキスト 講習会のスライド オープンデータのリスト 統計・防災・環境情報がひと目で分かる地図の作り方,朝日孝輔ほか,技術評論社 https://github.com/Arctictern265/QGIS_book/tree/master/appendix2 QGIS入門,今木洋大ほか,古今書院 PDF Maps関連サイト PDF Mapsホームページ http://pdf-maps.jp PDF Mapsのインストール方法(iOS編) http://pdf-maps.jp/?p=2367 地理院地図のダウンロード方法 http://pdf-maps.jp/?p=2415 Avenza Systems ホームページ http://www.avenza.com PDF Maps-CartoDB連携サービス(試験運用中につき、動作保証できません) http://pdfcdb.pacificspatial.com/geo/user/new_user_add.php CartoDBのデモサイト 日の出日の入り http://cartodb.s3.amazonaws.com/static_vizz/sunrise.html 産総研付近の地図

Posted in CartoDB, PDF Maps, QGIS, お知らせ, 講習会

【講習会】7月25日 CARTO 入門 at あべのハルカス(Conservation Lab. 共催)

CARTO って? CARTO(カート)は web ブラウザで使える、位置情報の可視化システムです。 CARTO は、美しい地図を、きわめて簡単な操作で、素早く作ることができる画期的なシステムで、世界中で爆発的にユーザーを増やしています。5月の東京での紹介イベント(立正大学・青山学院大学)では、100名様以上の参加をいただいて大変な盛り上がりでした。6月の講習会(東京国際フォーラム)、7月のFOSS4G 北海道の講習会でも満員のご来場をいただきました。 これから日本でも間違いなくユーザーが増えていく CARTO を、関西の皆様にもいち早く体験していただきたく、あべのハルカスでの無料講習会を企画いたしました。 CARTO の主な特徴: きわめて素早くかつ簡単に美しい地図が作れる 最初から綺麗なベースマップが用意されている 自分で地理院地図などを組み込むことも出来る 時系列で変化する地図、動く地図を、ボタンひとつで作ることが出来る 簡単な操作で、非常に大きなデータを絞り込んだり、階級ごとに区分したりできる Excel などからでも緯度経度のデータさえあれば、ドラッグアンドドロップで地図になる もちろん、GIS のベクタデータは何でも読み込める ArcGIS や QGIS とも簡単に接続して使うことが出来る 講習会について 講習会名:CARTO 入門 日時:2016年7月25日、18:00 ~ 21:00 場所:あべのハルカス 会議室D 定員:30名 主催:Pacific Spatial Solutions, LLC(CARTO の日本のパートナー、CARTO Technical Reference Partner) 共催:Conservaiton Lab(コンサーべーションラボ) 参加費:無料 内容: CARTO とは CARTO を使いはじめる準備 CARTO の基本画面構成 データの読み込み 作った地図にひと工夫する データの入手先の紹介 データを解析する 自分でデータを作る おまけ(PDF Mapsや写メからアップロードするサービスと、QGIS から直接接続するデモ) お申込方法 参加ご希望の方は、お名前、所属、メールアドレスを info@pacificspatial.com までお知らせください。受付は、先着順ですので、定員になりました場合は、ご参加いただけない場合もございますのでお早めにお申し込みください。 講習会参加前の準備 このページは、2016年7月25日に大阪で開催する、「CARTO 入門講習会」の概要、実習で利用するデータや、CARTO をさらに知るためのリソースをまとめています。25日の講習会当日は、ここにあるデータをダウンロードして利用します。また、講習会後にご自分で実習内容を復習する際にもご利用ください。 講習会に参加される方は、インターネットが使用できるノートパソコンをお持ち込みください。 インターネットのブラウザは必須です。ブラウザがインストールされていることを確認してください。 できれば、ブラウザとしてGoogle Chromeが使えるようにしてください。ただし、必須ではありません。Google Chromeが利用できれば、Cartoを日本語環境で使用することができます。 Cartoのスマートフォンからデータを入力する実験を行います。できれば、お手持ちのスマートフォンにオフライン地図アプリPDF Maps(個人利用では無料)をインストールしてお持ちください。必須ではありません。スマートフォンをお持ちでない方、PDF Mapsをインストールしたくない方は、講師のデモを御覧ください。 PDF Mapsは、個人利用では無料で使用できるオフライン地図アプリです。iOSではApple Store、AndroidではGoogle Playで、「PDF Maps」をキーワードでアプリを検索し、インストールしてください。PDF Mapsに関する詳しい説明は、http://pdf-maps.jpを御覧ください。 CARTO 関連サイト CARTO のホームページ https://carto.com CARTO Translator プラグイン (Google Chrome用) https://chrome.google.com/webstore/detail/cartodb-translator/klfamjcbhhbgcllahleohncpgmcbceeh?hl=en 地図DB(CARTO 日本語サービス) http://chizudb.jp 地図DB内の CARTO のヘルプ http://chizudb.jp/?page_id=764 講習会の実習用プレゼンテーションファイル 講習会のプレゼン資料 講習会で利用するデータ 保育園所在地データ(大阪府内) 国土数値情報 公共施設データから、保育園施設に関するデータを抜き出してExcelデータにしました。 データダウンロードリンク:ダウンロード データソース:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P02-v4_0.html データコード:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/codelist/PubFacMiclassCd.html 国土数値情報 公共施設データ(大阪府内) 国土数値情報の公共施設データで、Shapefile形式で配布されたものをZIP形式で圧縮したものです。 データダウンロードリンク:ダウンロード データソース:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P02-v4_0.html データコード:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/codelist/PubFacMiclassCd.html 国勢調査データ(大阪府) 平成22年度国勢調査の大阪府分です。年齢別のデータです。 データダウンロードリンク:ダウンロード データソース:地図で見る統計(統計地図)

Posted in CartoDB, お知らせ, 講習会

【講習会】FOSS4G 北海道 CartoDB ハンズオン

Carto でつながる、オフライン・クラウド・デスクトップ 概要 クラウドで動く PostGIS +素晴らしい API 群。それだけが、Cartoではありません。目を見張るようなビジュアリゼーション機能にも是非ご注目ください。これまでのように、地図を作ることに時間を費やすのではなく、地図から得られる深い洞察こそが、Cartoを使う本当の価値です。 あなたが地図を使って考えることを仕事にしたいなら、今すぐ CartoDを使いましょう。ネットからダウンロードした「オープンデータ」… Excel、geojson、KML、Shape… これまでは、GISの専門家にお願いしていませんでしたか?これからは、とりあえずCartoにドロップしてみてください。あっという間に美しく、分かりやすい地図ができてしまいます。 データを理解すること、そこから新しい知識を引き出すことに注力しましょう!これが、Carto からのメッセージです。 だからこそ、Carto は世界中で爆発的にユーザーを増やしています。 ハンズオンでは、オフラインで取得した位置情報を CartoDBに送って、QGIS デスクトップで編集する流れを体験いただけます。さらに、オープンデータからあっという間に各種地図を作成する機能もご紹介します。 Cartoを使って「データを見ること」を楽しみましょう。 日時・場所 2016年7月8日 13:30 – 16:30 会場:札幌市産業振興センター  (札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1) イベントホームページ: https://sites.google.com/site/foss4ghokkaido/foss4g-2016-hokkaido/handson 必要知識 GIS の専門知識は不要です。QGIS をご自分のパソコンにあらかじめインストールしてきてください。 事前準備 インターネットに接続できる PC を持ち込んでください。ブラウザでCartoのホームページが開けることが必須です。 実習ではQGISを利用します。このリンクを辿って、あらかじめQGISをインストールしておいてください。 必須ではありませんが、実習で利用するQGISのCartoDBプラグインもお時間があればインストールしておいてください。プラグインのインストールの方法がわからない方は、当日にインストールを行いますので、心配しないでください。 Geospatial PDFのビュアーであるPDF Mapsを使い、CartoDBにフィールドで取得したデータをインポートする作業も行う予定です。iPhone、iPad、Android などの携帯端末をお持ちの方は、PDF Mapsをインストールしてお持ちください。インストール方法はこちらのビデオをご参照ください(http://pdf-maps.jp/?p=2367)。 対象 日頃、位置情報付きのデータを扱っている方、野外調査をお仕事にしていて、大量の GPS 情報を抱えている方。クラウドで使う PostGISの威力を知りたい方。美しい地図を作りたい方。地図を本気でマーケティングに活かしたい方。 講習会で使うプラグイン 日本語化プラグイン CartoDB-Pythonプラグイン 講習会で使うデータ 保育園所在地データ(北海道内) 国土数値情報 公共施設データから、保育園施設に関するデータを抜き出してテキストファイルにしました。 http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P02-v4_0.html ダウンロード 国土数値情報 公共施設データ(北海道内) 国土数値情報の公共施設データで、Shapefile形式で配布されたものをZIP形式で圧縮したものです。 http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P02-v4_0.html ダウンロード 国勢調査データ(北海道) 平成22年度国勢調査の北海道分です。年齢別のデータです。 http://e-stat.go.jp/SG2/eStatGIS/page/download.html# ダウンロード 市区町村界データ(北海道) 平成22年度国勢調査データを元に作成した、市区町村の境界データです。 http://e-stat.go.jp/SG2/eStatGIS/page/download.html# ダウンロード 講習会で紹介したサイトなど FOSS4G北海道ハンズオンのサイト CartoDB日本語サービス「地図DB」 PDF Maps

Posted in CartoDB, お知らせ

【講習会】CartoDB入門 (2016年6月30日)

CartoDB入門 このページは、2016年6月30日に開催する、「CartoDB入門」講習会で利用するデータや、リソースをまとめるために作成しました。当日は、ここにあるデータをダウンロードして利用します。また、講習会後にご自分で実習内容を復習する際にもご利用ください。 講習会について 講習会名:CartoDB入門セミナー 日時:2016年6月30日、13:30~16:30 場所:東京国際フォーラム 605 定員:30名 主催:Pacific Spatial Solutions, LLC(CartoDB日本のパートナー、CartoDB Technical Reference Partner) 講習会の告知ページ 講習会参加前の準備 講習会に参加される方は、インターネットが使用できるノートパソコンをお持ち込みください。 インターネットのブラウザは必須です。ブラウザがインストールされていることを確認してください。 できれば、ブラウザとしてGoogle Chromeが使えるようにしてください。ただし、必須ではありません。Google Chromeが利用できれば、CartoDBを日本語環境で使用することができます。 CartoDBのスマートフォンからデータを入力する実験を行います。できれば、お手持ちのスマートフォンにオフライン地図アプリPDF Maps(個人利用では無料)をインストールしてお持ちください。必須ではありません。スマートフォンをお持ちでない方、PDF Mapsをインストールしたくない方は、講師のデモを御覧ください。 PDF Mapsは、個人利用では無料で使用できるオフライン地図アプリです。iOSではApple Store、AndroidではGoogle Playで、「PDF Maps」をキーワードでアプリを検索し、インストールしてください。PDF Mapsに関する詳しい説明は、http://pdf-maps.jpを御覧ください。 CartoDB関連サイト CartoDBのホームページ http://cartodb.com CartoDB Translator プラグイン (Google Chrome用) https://chrome.google.com/webstore/detail/cartodb-translator/klfamjcbhhbgcllahleohncpgmcbceeh?hl=en 地図DB(CartoDB日本語サービス) http://chizudb.jp 地図DB内のCartoDBのヘルプ http://chizudb.jp/?page_id=764 講習会の実習用プレゼンテーションファイル プレゼンテーションファイルダウンロード 講習会で利用するデータ 保育園所在地データ(東京都内) 国土数値情報 公共施設データから、保育園施設に関するデータを抜き出してExcelデータにしました。 データダウンロードリンク:クリックしてダウンロード データソース:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P02-v4_0.html データコード:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/codelist/PubFacMiclassCd.html 国土数値情報 公共施設データ(東京都内) 国土数値情報の公共施設データで、Shapefile形式で配布されたものをZIP形式で圧縮したものです。 データダウンロードリンク:クリックしてダウンロード データソース:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-P02-v4_0.html データコード:http://nrb-www.mlit.go.jp/ksj/gml/codelist/PubFacMiclassCd.html 国勢調査データ(東京都) 平成22年度国勢調査の東京都分です。年齢別のデータです。 データダウンロードリンク:クリックしてダウンロード データソース:地図で見る統計(統計地図) データコード:属性名テーブル 市区町村界データ(東京都) 平成22年度国勢調査データを元に作成した、市区町村の境界データです。 データダウンロード:クリックしてダウンロード 地図で見る統計(統計地図) オープンデータのリスト 統計・防災・環境情報がひと目で分かる地図の作り方,朝日孝輔ほか,技術評論社 https://github.com/Arctictern265/QGIS_book/tree/master/appendix2 QGIS入門,今木洋大ほか,古今書院 PDF Maps関連サイト PDF Mapsホームページ http://pdf-maps.jp PDF Mapsのインストール方法(iOS編) http://pdf-maps.jp/?p=2367 地理院地図のダウンロード方法 http://pdf-maps.jp/?p=2415 Avenza Systems ホームページ http://www.avenza.com PDF Maps-CartoDB連携サービス(試験運用中につき、動作保証できません) http://pdfcdb.pacificspatial.com/geo/user/new_user_add.php CartoDBのデモサイト 日の出日の入り http://cartodb.s3.amazonaws.com/static_vizz/sunrise.html

Posted in CartoDB, お知らせ

CartoDB 入門 セミナーのお知らせ

CartoDBに直接触ってみて、その面白さと凄さを体験してみたい!という皆様からのご要望にお答えして、Pacific Spatial Solutions, LLCは、無料のCarotDBハンズオンセミナーを開催いたします。 手元にあるエクセルファイルを使って、5分で地図を作成・公開 オープンデータを使って地図作成 自分で地理データを作成 国勢調査のデータを使って、データを読み解く 今回のセミナーは、アカウントの作成から、地図の作成、公開までを参加した皆さんに実際に試していただきます。皆さんに用意していただくものは、持ち込んでいただくノートパソコンだけです。CartoDBの無料アカウントを作成して実際にCartoDBに触っていただきますので、費用はかかりません。 是非皆さんもこの機会に、CartoDBの即戦力、柔軟性、美しさ、そして楽しさを実感してみてください。 講習会名:CartoDB入門セミナー 日時:2016年6月30日、13:30~16:30 場所:東京国際フォーラム 605 定員:30名 主催:Pacific Spatial Solutions, LLC(CartoDB日本のパートナー、CartoDB Technical Reference Partner) お申し込みは、info@pacificspatial.comまで、お名前、ご所属、メールアドレスをお知らせください。定員に達した際には、お申し込みをお断りする場合がございますので、ご了承ください。

Posted in CartoDB, お知らせ

CartoDB Japan16 (English version)

CartoDB is coming to Japan! Visualize your location data in seconds—CartoDB will change your perspective on data visualization. We are pleased to announce that Pacific Spatial Solutions, LLC, will host the CartoDB’s management team—including CEO, Javier de la Torre—during its first visit to Japan.  Pacific Spatial Solutions is organizing two public events to celebrate this memorable visit. We will host one free, public event at Rissho University (Shinagawa campus) on April 25th, 2016, from 6 pm. This event will introduce you to CartoDB and include demonstrations that explain the power of CartoDB—both now and in the future. A reception will follow the free event—don’t miss your chance to ask the CartoDB team your questions directly! On April 26th, we are planning a

Posted in CartoDB, お知らせ