GIS Cloud

GIS Cloud は、野外でのデータ収集から共有まで、組織のワークフロー全体をカバーする、協働マッピングプラットフォームです。

位置情報の活用に必要なものが全て揃ったソリューション
GIS Cloud は、iOSとAndroidモバイル機器でデータ収集ができる「モバイルデータコレクタ(MDC)」、集めたデータをリアルタイムで管理し、解析、地図の作成をする「エディタ」、作成した地図を閲覧するための「ビュワー」、そして地図を一般公開するための「マップポータル」で構成されます。
必要なサービスを必要なだけ利用していただけますので、ご予算に合わせたシステム構成が実現できます。

モバイルデータコレクタ
モバイルデータコレクタ(MDC)は、野外でデータを収集するためのスマートフォン用アプリです。スマートフォン内臓のGPSを利用して、位置情報つきでデータを収集できます。データ収集用のフォームは、インターネットブラウザだけで簡単にデザインできます。文字、数値、日付、写真、音声など、あらかじめ調査項目を設定でき、集めたデータはクラウド上にリアルタイムで集積されるので、野外でのデータ収集からデータの活用までの作業に全く途切れがありません。野外での利用が想定されているので、地図はもちろんオフライン対応です。オフラインで集めたデータもネットワーク接続が確認された時点で、一気にクラウドにアップロードできます。

調査フォーム作成画面

エディタ
エディタでは、ドラッグ・アンド・ドロップでシェープファイルなどのベクタファイル、GeoTIFFなどのラスタファイルがインポートできます。いわゆるウェブGISとして利用いただけるだけでなく、エディタで作成した地図はMDCの背景図としてもご利用いただけます。
地図表示は他のサービスと比べても最速を誇ります。ウェブGISとして利用するなら、ArcGISやQGISで作成した地図をそのままインポートできるパブリッシャーもご利用いただけます。特定のお客様と地図を共有したり、地図を一般公開するのもボタン一つでOKです。たとえば、ドローンで撮影した画像にベクタレイヤを重ね、撮影したその日のうちに野外でデータ収集を開始することも可能です。

強力なAPI群
GIS Cloudは、コーディング無しで位置情報を収集、活用するためのサービスですが、強力なAPIを利用して、独自のソリューションを作成することもできます。MDC、エディタ、ビュワーをカスタマイズして既存のワークフローに組み込むことができます。独自のウェブアプリの開発もすぐに始められます。

GIS Cloud に関するお問い合わせはこちらのフォームからお願いします。

  1. 7月12日から20日に東京と名古屋で開催いたしました、CARTO UDPATE 2017、ハンズオン...
  2. 名古屋開催!CARTOのご紹介とハンズオン世界中が注目するロケーションインテリジェンスサービス、...
  3. CARTO UPDATE 2017 ハンズオン最新の CARTO(カート)の機能を触って学べるハ...
  4. CARTO UPDATE 2017 in TOKYOCARTO が示す位置情報ビジュアリゼーショ...
  5. 2017年6月30日、札幌で開催される、FOSS4G Hokkaidoハンズオンデイにて、長野県林業...
  6. スペイン マドリッドで開催中の CARTO Locations で CARTOのパートナーとして、世...
ページ上部へ戻る